• ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報

はる歯科クリニック

  • 046-855-0826
  • ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報
    • 診療科目
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 虫歯治療
    • 矯正歯科
    • MRC小児予防矯正
    • 歯周病治療
    • 歯のクリーニング
    • マタニティ外来
  • 保育士のいるキッズルーム
  • はる歯科クリニックのイベント
  • 食育について
  • 治療費について
  • WEB予約
  • プライバシーポリシー

はる歯科クリニック

WEB予約

キッズルームブログ

キッズルームブログ


砂糖税ってご存知ですか?

砂糖税ってご存知ですか?

砂糖税とは、清涼飲料などに対して、砂糖含有量に応じて課す税金、または課税の仕組みである。「ソーダ税」とも呼ばれる。

 

 

 

砂糖税を詳しく説明すると…

 

砂糖は糖尿病など生活習慣病や肥満の一因とされており、砂糖税は砂糖を多く含む飲料の消費抑制が主な目的である。

 

世界保健機構(WHO)が2016年に各国に導入を勧め、メキシコやアメリカ合衆国の一部地域で実施されている。

 

2017年にインドとタイ、2018年にはフィリピン、イギリスが導入した。

 

※ウィキペディア参照

 

砂糖って体に悪いの?

 

世界保険機構(WHO)のガイドラインによると、1日あたりの糖分の摂取量を、一日に摂取するカロリーの5%未満に抑える事で、虫歯や肥満の予防効果が高まることが分かったとしている。

 

これは小さじ6杯程度(25g)程度の量しかなく、500mlのペットボトルに約55gの砂糖が含まれるとされるジュースでは、1本で目安を軽く超えてしまう計算です。

 

私たち大人だけではなく、小さな子どもたちでも、お水代わりにジュースをゴクゴク飲んではいませんか?

 

赤ちゃん、子どもがよく飲んで喜ぶから…とジュースを常習化していませんか?

 

もちろんいっさい飲んではいけません!ということではありません。

 

お誕生日やお出かけなど特別な日のご褒美として飲みましょう。

 

3歳までに甘い味を覚えなければ(私たち大人が子どもに甘いものを買い与えなければ)、子どもは甘いものを欲しがりません。

 

世界保健機構(WHO)が「砂糖の摂りすぎは身体に悪い」と提唱している今、私たちの食生活、子ども達に与える食べ物・飲み物も、いま一度見直さなければいけませんね。

 

「お口の中から全身の健康へ」 はる歯科クリニック

 

 

 

 

 



WEB予約はこちらから

ご予約・お問い合わせはこちらまで!お気軽にご予約・ご相談ください 046-855-0826

ご予約・お問い合わせ

タップで電話する

WEB予約