• ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報

はる歯科クリニック

  • 046-855-0826
  • ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報
    • 診療科目
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 虫歯治療
    • 審美歯科
    • 矯正歯科
    • 歯周病治療
    • ホワイトニング
    • 歯のクリーニング
  • 保育士のいるキッズルーム
  • はる歯科クリニックのイベント
  • 食育について
  • 治療費について
  • 患者さまの声
  • WEB予約
  • プライバシーポリシー

はる歯科クリニック

WEB予約

ブログ

ブログ


お子様の治療を始めるにあたって

お子様が生まれて初めて歯医者さんにかかる時…

検診であれ、治療であれ、お家の方は自分のことのようにドキドキすることがあるかと思います!

今日はお子様が歯医者さんにかかる時のお話をしたいと思います(^^)/

 

お子様が歯医者さんで治療を受けるのは、自然にできるようになるものではありません。

また、年齢が上がってきたからできるようになるものでもありません。

習い事と同じく、経験を積み重ねていき少しずつできるようになるものです。

歯医者さんを嫌いになったり苦手になると、治療がスムーズに進まないだけでなく、

ゆくゆくは将来の歯の健康にも影響をしています。

そうならないためにも、お子さんと身近にいる皆さん一緒に、お子様が歯の治療を受けられる環境を整えていきましょう。

 

《歯医者さんに来る前に気を付けて頂きたいこと》

●嘘をついて連れてこないでください!!

・「〇〇に行こう」と嘘をついて歯科医院に連れていかないようにしましょう

・「何もしないから」「見てるだけだよ」「痛くしないからね」などは言わないようにしましょう

●怖がらせたり、脅かしたりしないでください!!

・お子様の前で、自分が歯科医院で受けた「痛かった体験」などを話すのは避けましょう

・「良い子にしていないと歯を抜かれちゃうよ」や「言うことをきかないと注射してもらうよ」など、お子様を脅かすようなことは言わないようにしましょう

☆お子様には何気なく「今から歯を治しに歯医者さんへ行くよ!」と言うように、簡単な知らせに留めてご来院されるのがベストです☆

 

 

院長先生が治療を頑張ったお子様を抱っこして、たかいたか~いをしている姿を見たことがあります(^^♪

私たちスタッフも、飛び切りの笑顔と優しい声掛けで対応いたします(^^♪

なので、保護者様もお子様の治療が終わったり、歯磨きが上手にできた時には、たくさんほめてあげてくださいね(^_-)-☆

 

インフルエンザや花粉症の予防に効果!!「あいうべ体操」

昨日ネットを見ていると、とても興味深い記事があったので、皆さまにもお知らせしたいと思います。

 

口を大きくあけて「あ~い~う~べ~」と発声。

福岡・みらいクリニックの今井一彰先生が提唱する「あいうべ体操」です。

たったこれだけの簡単な体操が、なんと花粉症やアトピー、ぜんそくなどのアレルギー性疾患から、インフルエンザ予防にまで効果を発揮するとのことから、全国の歯医者さんや学校の先生たちの間で、話題をよんでいるんだそうです。

この「あいうべ体操」、いったいどんな効果があるのでしょうか?

その仕組みと正しいやり方をご説明します。

 

《インフルエンザとあいうべ体操;ポイントは「鼻呼吸」にあり!》

「あいうべ体操」を続けると、呼吸が「口呼吸」から「鼻呼吸」に変わり、舌の位置が改善されます。

実はこれが、この体操の大きなポイント。

口呼吸は、口腔内を乾燥させるため雑菌が繁殖しやすくなることから口臭の原因になり、免疫の異常などの弊害を引き起こす場合もあるそうです。

また、冬場は口で呼吸をすると肺に直接冷たい空気が入るため、体の冷えにもつながるとのこと。

さらに、口呼吸を続けていると、口の中での舌の位置が本来の場所から下にさがってきてしまうことも問題です。

舌の位置が下がると、気道が狭くなるため呼吸がしにくくなり、睡眠時無呼吸の原因にもなります。

これが鼻呼吸に改善されると、鼻の内部は粘液や小さな毛といった「フィルター」が働いており、汚れた空気がろ過されてある程度キレイになるため、雑菌などが原因となる疾患の予防になります。

また、鼻の中を通過することで、冷たい空気も体温近くまであたためてくれるとのこと。

さらに、正しい鼻呼吸は口呼吸よりも多くの酸素を取り込めるため、脳の活性化にもいいそうです。

こうした鼻呼吸のメリットが免疫力のアップにもつながっていくわけですね。

 

《インフルエンザとあいうべ体操;「あいうべ体操」をやってみよう!》

それでは、「あいうべ体操」のやり方を説明しましょう。

⒈「あー」と口を大きく開く

⒉「いー」と口を大きく横に広げる

⒊「うー」と口を強く前に突き出す

⒋「べー」と舌を突き出して下に伸ばす

 

以上4つの動作を1セットとして30回を目標に繰り返します。

顎関節症などでアゴが痛む人は、「いー」と「うー」だけでもよいそうです。

また、声は小さくてもOK。

表情筋を大きく使うことで、顔のむくみなどの美容にも効果があるそうです。

「あいうべ体操」は入浴時にやるのがおススメとのことですが、家事の合間などのちょっとした時間におこなう習慣をつけると簡単に続けられるそうです。

 

当院の待合室の本棚にも、みらいクリニック院長 今井一彰著

自律神経を整えて病気を治す!口の体操あいうべ / マキノ出版

「あいうべ体操」の本がありますので、よろしかったらご覧くださいね。

 

 

雪がちらちら降りました(*^^*)

今日は、横須賀市でも珍しく雪が降りましたね♪

ちょうど子ども達の登校時と重なったので、傘を差しながら喜ぶ後ろ姿を見送りました(^-^)

ちらちらと降る白い雪を見ていると、大人になった今でもなんだか嬉しい気持ちになりますね。

(積もってしまうと、また話は別ですが…(;^ω^))

 

皆さん、雪はなぜ白いかご存知ですか?

空気を多く含んでいるので、光が乱反射して白く見えるのだと聞いたことがあります。

そんなことを思い出した今日、学校から帰ってきた子ども達にも教えてあげようと

ひとり楽しみにする母でした。

 

インフルエンザ、まだまだ流行っているようです。

手洗いうがいを忘れずに、みなさんご自愛くださいね(^^♪

 

インフルエンザ!!

まだまだ猛威をふるっているインフルエンザですが、皆さまどのように予防をしていますか??

マスクや手洗いうがいなど、小さな子どもだとなかなか徹底できない時もありますよね。

多く知られているようにウィルスは湿度と気温に弱いのでなるべく湿度を40%以上に保つと効果的だそうです。

一般的な家庭で使われる排気を屋内に出すファンヒーターや石油ストーブなどの開放型の暖房器具は燃焼により水蒸気が発生するので、通常は加湿器による加湿量が少なくてすみます。ですがエアコン、電気ストーブなどはまったく水蒸気が発生しないため使用時に加湿が必要となります。
家庭では、調理や入浴等で自然に湿度が上昇することもありますが、加湿器を使用したり洗濯物を室内に干すなど、湿度計を参考にしながら適切に管理するといいそうです。

その時ぬれタオル1本程度では、相対湿度40%を確保することは難しいという実験データがあるそうなので、加湿器を使ったり、洗濯物を部屋の中に干したりと工夫が必要ですね♪

また急な高熱が出ることが一番わかりやすい初期症状ではあるのですが、微熱だけど一応検査をしたら実はインフルエンザだったということも多いようです。

…と書いているわたくしですが、実は先日息子がインフルエンザにかかってしまった時の体温が37.3℃。鼻水のお薬をもらいに行くだけのつもりで一応検査をしたら陽性反応がでたのでした(;_;)

その後はお薬の効果もあり悪化することも無く無事に回復したのですが、

毎日洗濯物をリビング&寝室に干し、加湿器を使って家族内感染を無事に防ぐことが出来ました!!

まだまだ流行はおさまっていないようなので今後も気を付けていこうと思います!!

 

ムシ歯にならないためのおやつの選び方

みなさん、こんにちは♪

ムシ歯になりにくい甘味料があるのをご存知ですか?

砂糖はムシ歯になりやすい甘味料ですが、脳が働くための栄養になったりするので必要な栄養でもあります。

すべてムシ歯になりにくい甘味料に代えるわけにはいきませんが、口の中に長く入っているアメなどを選ぶ時にはなるべく砂糖の入っていないものを選ぶようにしましょう。

 

☆ムシ歯にならない甘味料☆

・還元水飴

・マルチトール

・ソルビトール

・キシリトール

・パラチノース

・エリスリトール

・ステビア

・アスバラテーム

・サッカリン

 

☆ムシ歯になる甘味料☆

・砂糖

・水飴

・果糖

・麦芽糖

・ぶどう糖

 

~~~おやつ選びの目安~~~

 

♡糖類0.5%以下♡

「無」「ゼロ」「ノンシュガー」「シュガーレス」はムシ歯になりにくい。

 

・糖類5%以下・

「低」「控えめ」「低減」「カット」は注意しましょう。

 

パッケージの裏の原材料名を読みながら、おやつを選んでみてくださいね(^^)/

ジュースやお菓子に含まれる砂糖の量

以前こちらで紹介させていただいた事がありますが、

1日の砂糖の摂取量の目安は大人30g こども20gです。

では、普段口にするジュースやお菓子にはどれくらいの砂糖が含まれているのでしょう?

厚生労働省の研究調査による「一般的な市販のお菓子、ジュースに含まれる砂糖の目安」」を参考に書き出してみます。

 

☆スポーツドリンク   1本(500ml)   32g

☆炭酸飲料       1本(500ml)   56g

☆バニラアイスクリーム 1コ(120g)    24g

☆メロンパン      1コ(130g)    32g

☆ショートケーキ    1コ(70g)     24g

☆大福もち       1コ(90g)     24g

☆チョコレート     1枚(75g)     32g

 

…………Σ(・ω・ノ)ノ!!!

どれを選んでも、こどもの1日の摂取量目安を超えていますね(@ ̄□ ̄@;)!!

 

と、いうことは、上記のおやつやジュースは特別な時のごほうびにして

普段は旬の果物やおせんべいを食べるなど、工夫することが大切になっていきます。

特に炭酸飲料やスポーツドリンクは、砂糖の量にくらべて甘さを感じにくいので

ゲームをしながらペットボトルごとだらだらと全部飲んでしまったりすることもあると思います。

 

きめられたおやつの時間に、コップに注いだ分だけを飲み切りましょう♪

 

 

 

☆フロスちゃん☆

IMG_0195

みなさんこんにちは♪

今日は「フロスちゃん」の紹介です。

乳歯にぴったりのサイズで、持ち手の先がとがっていないので安全です。

お子さんの仕上げ磨きの際にお勧めのフロスです(^-^)

歯ブラシだけでは汚れは取りきれません。

歯ブラシ前に、歯と歯の間にフロスを通して汚れをかきだしておく事が虫歯予防に大切です(^^)/

「仕上げ磨きの時は、フロスと歯ブラシをセットで用意♪」

普段から声をかけてお願いしておくと、ママがうっかり忘れてしまった時でも

お子さんが覚えていて用意してくれる事もありますよ(*^^*)

親子で白い歯♡頑張りましょう!

 

 

フッ素で虫歯予防!

今日は、フッ素の働きについてお知らせしたいと思います(^^)

フッ素には大きく3つの働きがあります。

この働きによりむし歯に予防効果を発揮します。

●歯を強くする

フッ素が歯に取り込まれ、むし歯に強い(溶けにくい)歯を作ります。

●再石灰化を促進する

自然治癒が可能な初期のむし歯では、治癒を助けることができます。

●むし歯菌を抑制する

フッ素が歯垢(プラーク)に入り、歯を溶かす酸が作られるのを抑えます。

 

《歯科医院で行うもの》

フッ素塗布

・家庭用のものより高濃度のフッ素を使用

・歯の生えはじめに行うのが効果的

・3~6か月ごとに定期的に行います

 

《家庭で使用するもの》

フッ素配合歯磨き剤

・毎日の歯磨きで使用するフッ素入り歯磨き粉と、歯磨き後に使用するフッ素ジェルがあります

・特に歯科専用のものがおすすめ

 

フッ素洗口液

・1日1回30~60秒ブクブクうがいをします

・特に寝る前に行うのが効果的です

※うがいができるようになってから使用しましょう

 

歯科医院で定期的にフッ素を塗布してもらうことも大切ですが、低濃度のものでも毎日フッ素ジェルを塗布し続けることが、むし歯予防に効果的です!!

写真は当院で取り扱っている小児におすすめ、甘いフルーツ味のフッ素入り歯磨き粉と、フッ素ジェルの写真です。

IMG_0193

歯に被せる・詰め物のお話し

はる歯科クリニックでは、一番大切なことは患者様の歯を長く残すことと考え、診療に取り組ませていただいています。

そのため、大事なのは被せ物や詰め物が、新たなむし歯や歯周病の原因にならない事、さらにはそれらの予防になることも重要です。

 

皆さまからよくお受けする質問…

『一番長持ちする材料はどれですか?』

これはとても重要な質問です。

では逆に皆さまに質問です。

『何を長持ちさせたいですか?』

一番長持ちする材料。それは間違いなく金属です。

しかし、一番長持ちさせたいのはご自身の『歯』ではないでしょうか?

金属はセラミックなどの材料に比べ

・硬い

・割れない

一見良さそうに思えますが、しかし!!!

この金属の特徴のせいで、一番むし歯になりやすいのも金属です。

 

金属は…

・噛むことで静電気を帯びて、汚れを寄せ付け、さらに落としづらい。

・噛み合う歯が金属であればさらに静電気を帯びてしまいます。

・長く噛み続ける事で変形し、隙間ができます。

・長年歯を使うと自分の歯はすり減りますが、金属はすり減らないので段差ができます。

・金属アレルギーの原因になります。

・6~7年で隙間ができ、8~9年でむし歯になると言われています。

 

歯に被せる材料・詰める材料はお口の中で毎日だ液や飲み物などの水分にさらされ、毎日何回も噛むものです。

どんな材料でも必ず劣化します。

一生ものの材料はありません。

必ずやり替える時がやってきます。

そのやり替え時にむし歯になった部分を削り、歯をまた小さくしてしまうのか、劣化した材料だけをやり替えるのかで、歯の寿命も大きく変わってきます。

 

歯に被せ物や詰め物をする際には、患者様自身でご希望の治療方法を選んでいただくために、各材料での治療のメリット・デメリットのお話をさせていただいております。

いかなる材料でも精一杯の治療をさせていただき、少しでも長く患者様の歯を長持ちさせたいと考えています。

よくご検討いただき、ご自身の判断のもとにご選択ください。

 

てんさい糖を購入してみました(^-^)

みなさんこんにちは♪

我が家の三温糖が残りわずかだったので、新しい砂糖を購入するために

スーパーに行ってきました。

色々迷った挙句、「てんさい糖」を購入。

ここで、豆知識です。

「てん菜」とは、ほうれん草と同じアカザ科の作物です。ミネラルを多く含んでおり、さらに腸内ビフィズス菌の栄養源となるオリゴ糖を含んでいるのが特長です。

体を冷やす上白糖と違い、体を温めてくれる効果があるそうです。

主張しすぎない甘さで料理との相性が良いとのことなので、今から楽しみです(^^)/

 

WEB予約はこちらから

ご予約・お問い合わせはこちらまで!お気軽にご予約・ご相談ください 046-855-0826

ご予約・お問い合わせ

タップで電話する

WEB予約