• ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報

はる歯科クリニック

  • 046-855-0826
  • ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報
    • 診療科目
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 虫歯治療
    • 審美歯科
    • 矯正歯科
    • 歯周病治療
    • ホワイトニング
    • 歯のクリーニング
  • 保育士のいるキッズルーム
  • はる歯科クリニックのイベント
  • 食育について
  • 治療費について
  • 患者さまの声
  • WEB予約
  • プライバシーポリシー

はる歯科クリニック

WEB予約

ブログ

ブログ


イベントの準備、進行中です(^-^)

一昨日、こちらでお知らせしました「むし歯予防イベント」(^-^)

スタッフ皆で、ただいま準備を進めています♪

前回(昨年11月)開催の内容から、さらにアレンジを加えています\(^o^)/

保育士のパネルシアターも新しいものに変わり、色を塗ったりはさみで切ったりと日々製作中です!

普段なかなか出来ない経験を思う存分楽しんでいただけるように、

知恵をしぼって考えています♪

 

受付開始は、来週5月6日金曜日 10時30分~ です☆

みなさんのご応募、お待ちしています\(^o^)/

 

 

 

☆むし歯予防イベント開催のお知らせ☆

パンパカパ~ン♪♪♪

楽しみにしていてくださる患者様も多い、はる歯科クリニック恒例『むし歯予防イベント』の開催が決定したので、皆様に詳細をお知らせを致します(^-^)

 

日にち:6月25日㈯

 

時間:第1部 10時~

第2部 13時~

☆約1時間程度の予定です!

☆各回14組募集します!!

 

場所:はる歯科クリニック

 

対象年齢:年中~小学校6年生までのお子様と保護者様のペア

※募集人数に限りがあるので、1家庭につきお子様と保護者様のペアは2組までとさせて頂きます。

 

内容:保護者様のお口をお借りしての歯医者さん体験

Doctorによるむし歯についてのお話

保育士、管理栄養士による楽しい出し物 などなど

 

☆初めてイベントに参加される方優先

☆はる歯科クリニックの患者様でなくても参加可能です

 

申し込み方法:5月6日㈮10時30分より

電話(855-0826)またはご来院にて受付スタート

※尚、13時~15時はお昼休みを頂いております。

 

ぜひこの機会に、お子様と楽しみながら歯や食育のことについて学びましょう!!!

皆様のご参加をスタッフ一同、心よりお待ちしております(^-^)

 

IMG_0432

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯に優しいおやつ♪

IMG_0430今日は当院で取り扱いをしている歯に優しいおやつをご紹介したいと思います!!

写真にアップしているお菓子は、ほんの一例になりますが、今日は写真の真ん中にあるグミについてクローズアップしてみましょう!!

写真左から三番目、四番目にあるお菓子は、砂糖不使用でお口の健康を守る、甘味料キシリトール100%の歯に優しいグミになります!!

このグミは砂糖不使用で歯に優しいだけでなく、よく噛んでお召し上がり頂けるよう、弾力のあるちょっと固めのグミになっています。

 

●よく噛むことによってだ液が出るようになります。

だ液はお口の中をキレイにして息をキレイにしたり、むし歯や歯周病を防いだり、歯を強くする働きがあります。

●よく噛むことによって脳に流れる血流が増えます。

子どもの脳の発育を助け、年配の方には認知症の予防・脳の活性化に役立ちます。

●よく噛むことは健康な体作りに役立ちます。

むし歯の原因となる糖類は一切使用していないお口と体に優しいノンシュガーグミです。

リフレッシュしたい時、食後歯磨きが出来ない時、もちろんおやつにも。

 

グミだけでなく、ノンシュガーのアメやキャラメル、チョコレートなどもご用意してありますので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね♪♪♪

 

 

卵の殻とフッ素

皆さん、こんな実験を見たことがありますか?

卵の殻は、歯と同じくカルシウムでできています。

生卵の殻の半分の部分にフッ素を塗って、もう半分の部分はそのままの状態で

酸性のお酢の中に入れます。

 

すると、あれよあれよという間に、フッ素を塗っていない側が溶けていきます。

 

これが自分の歯だとしたら……(;^ω^)

 

食事やおやつ、ジュースなどで酸性になった口の中で

歯が溶けてむし歯になる仕組みがよくわかります。

それとともに、フッ素を塗った側の殻はほとんど変わらず。

 

歯にフッ素を塗るとこんなにむし歯予防の効果が期待できるのね、と

お子さんにもわかりやすい実験です。

 

実際に見ると、びっくりしますよ~♪

 

診察室♪

今日は、はる歯科クリニックの中で、3本の指に入る私の好きな場所を書こうと思います。

それが写真にあるここです(^^)

はる歯科クリニックの一番奥にある診察室です。IMG_0412

外の光がたっぷり入って、広くゆったりとできる診察台。

まだ患者だった時に初めてここに案内され座った時には、ここは美容院のシャンプー台なのか??と思わずにはいられないほどのなんとも言えない落ち着く雰囲気に感動しました(笑)

まだほかにもある、はる歯科クリニック内の好きなスポットはまたの機会にご紹介したいと思います♪

 

 

G.W中の休診日について

本日もキッズルームには沢山のお友達が遊びに来てくれました(^^)/

幼稚園にご入園されたお兄さんお姉さんの登園のご様子をお家に方に伺うことができて、

みなさん頑張っている様子が目に浮かびました♪

楽しい園生活を送ってくださいね(^-^)

 

はる歯科クリニックでは、

4月29日(祝)、5月1日(日)、3日(祝)、4日(祝)、5日(祝)を休診日とさせていただきます。

急なお痛みなどございましたら、下記にご連絡お願いいたします。

 

休日急患歯科診療所        046-823-0062

 

また皆さんとお会いできるのを楽しみにしています(*^^*)

 

保育士一同より♪

 

 

NEWおもちゃです(^-^)

IMG_0411

 

キッズルームに新しいおもちゃが仲間入りです♪

温かみのあるお医者さんセットで、可愛いです(^^)/

喜んでもらえるといいな、と今からワクワクです!

 

 

親知らずの話

親知らずは、大人になってから一番最後に生えてくる歯です。

まっすぐ生えてくれば問題ないのですが、斜めに生えてきて周りの歯や歯ぐきにトラブルを起こすことがよくあります。

今回はこの親知らずについて知りましょう!!

 

親知らずは上あごと下あごに2本ずつ合計4本あります。

しかし、4本きちんと生えてくることはまれで、歯の元になる種はあっても歯ぐきや顎の骨に埋もれたまま生えてこなかったり、最初から歯の種が生えてこない場合があります。

これは親知らずが退化する傾向にあり、将来私たちの体から消えていく運命にあるからだと言えます。

親知らずが生えてくるのは18歳~24歳頃です(かなり高齢になってから突然生えてくる場合もあります)。

 

☆親知らずがトラブルを引き起こす原因とは?

親知らずが生えてきても、何も悪さをしなければ気にすることはないのですが、他の歯がすでに生えそろっているところに生えようとするため、きちんと生えるためのスペースが不足していることが多く、生えてくる段階で歯が曲がってしまったり、傾いたり、手前の歯にくっついたり押したりして、周りの歯や歯ぐきに負担をかけてしまいます。

また、親知らずは一番奥に生えてくるため、歯が生えた後に汚れがたまりやすく、むし歯や歯周病になる確率が高いことが挙げられます。

しかも、その時は手前の奥歯を道連れにすることが多く、とてもやっかいです。

 

☆親知らずの治療法

親知らずがきちんと生えていない場合の多くは、抜いてしまうケースがほとんどです。

これは、治療するにも歯が奥すぎたり、歯の形がおかしかったり、的確な治療とメンテナンスができないと判断されるためです。

親知らずが生えている方は、まずは磨きにくい場所なので、なるべく汚れを残さないよう歯磨きをするようにしてください。

 

お孫さんがいるおじいちゃま・おばあちゃまへ

お孫さんは可愛いので、おねだりされたり、泣かれたりしてしまうと、ついついお菓子をあげたくなってしまうお気持ちはよく分かります。

しかし、そのお菓子のせいでむし歯になってしまった時に、痛い思いをするのも、治療で嫌な思いをするのも、大切な可愛いお孫さんであることもご理解ください。

もちろん、全くおやつをあげてはいけない…ということではありません。

特に気を付けていただきたいのが、おやつの中に含まれている「ショ糖」です!!!

ショ糖(スクロース)が入った甘いおやつは、むし歯のリスクが高くなってしまします。

 

そこで、おやつの食べ方を一緒に確認してみましょう!!

☆食事とおやつの間は、最低でも2時間は空けましょう

☆口の中に長く残るアメやキャラメル、ソフトキャンディーは、むし歯のリスクが高いので、食べたとしても1回1個に留めましょう

☆ジュースもだらだら飲み続けないようにする、おやつの時間に飲み切るなど、きちんと時間を区切る習慣づけをしましょう

 

そして、寝る前には歯磨きをして、大人の方の仕上げ磨きをお願いします(^-^)

歯に関する豆知識!!!

☆歯磨きの仕上げはフッ素で☆

アメリカでは水道水にフッ素があらかじめ含まれていて、水を飲むことで虫歯予防ができるそうです。

むし歯予防として、子どもによく使うフッ素入りジェルを、歯磨き後に塗るのもおすすめです!!

 

☆フロス(糸ようじ)は必ず使いましょう☆

日本人の9割以上は毎日歯磨きをし、7割以上が1日2回歯磨きをするという。

なのに、95%もの人がむし歯持ち。

むし歯は歯ブラシの届かない歯の隙間にできるので、歯磨きだけでむし歯を予防するのは困難です。

むし歯につながる歯と歯の間の汚れは、糸ようじや歯間ブラシで必ず落とすことが、むし歯予防につながります。

 

☆歯ブラシ後のうがいはすすぐ程度に☆

歯磨き粉に含まれているフッ素の濃度は、水やだ液で薄まってしまうため、しっかり口をそそぐとフッ素を洗い流してしまうことになるため、1~2回程度で軽くすすぐ程度にとどめましょう。

 

☆ドイツでは朝と夜で歯磨き粉を使い分ける☆

予防歯科の進んだ欧州では、日本より歯磨き粉のフッ素含有量が多く種類も豊富。

例えばドイツでは、夜はフッ素がたっぷり入った歯磨き粉で集中ケア。

一方、朝はビタミンの多く入った歯磨き粉で歯茎を引き締めるなど、使い分けることもあるそうです。

WEB予約はこちらから

ご予約・お問い合わせはこちらまで!お気軽にご予約・ご相談ください 046-855-0826

ご予約・お問い合わせ

タップで電話する

WEB予約