• ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報

はる歯科クリニック

  • 046-855-0826
  • ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報
    • 診療科目
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 虫歯治療
    • 審美歯科
    • 矯正歯科
    • 歯周病治療
    • ホワイトニング
    • 歯のクリーニング
  • 保育士のいるキッズルーム
  • はる歯科クリニックのイベント
  • 食育について
  • 治療費について
  • 患者さまの声
  • WEB予約
  • プライバシーポリシー

はる歯科クリニック

WEB予約

ブログ

ブログ


予約のキャンセルについてのお願い ~最新版~

いつも当院をご利用いただきありがとうございます。

当院はお一人おひとりの時間を大切に、しっかりとお時間をお取りして診療させていただいております。

 

ご予約をお待ちいただいている患者さまも多くいらっしゃいますので、

ご都合の悪い場合は、当日の時間までにご連絡いただけますと他の方にお時間をお譲りすることができます。

 

また、無断キャンセルを2回された場合、お忙しいかと思いますので、いらっしゃる当日にご連絡いただき、予約の空きがあった場合にお時間を約束させていただきます。

※空きがない場合は治療をお断りすることもございますので、ご了承ください。

 

遅刻に関しましても、10分以上遅れてしまいますと予定通りの治療を行うことが難しいため、

ご予約を変更させていただきます。

 

夕方以降の時間帯は駐車場も混み合いますので、ご考慮いただきましてご来院頂きますようお願いいたします。

※駐車場の混雑による遅刻であってもご考慮いたしかねます。あらかじめご承知ください。

 

みなさまに気持ちよく来院していただけますよう、より一層努めてまいります。

ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

春キャベツ

先日、ご近所さんから採れたての春キャベツをいただきました。

葉がふんわり柔らかくて、甘くてシャキシャキとした食感がとても美味しかったです(^-^)

みなさん、日ごろ旬の食材を食べていますか?

旬の食材は、比較的お手頃な価格で購入できるだけでなく

栄養がぎゅっと詰まっていて、味もとても美味しい♪

なんともありがたいですね(^^♪

 

今時季ですと、他には「たけのこ、たまねぎ」など。

「魚へんに春」と書いて、「鰆(さわら)」も美味しいですよね☆

一年中スーパーに売っているのでわかりづらいですが、露地ものの「しいたけ」も今が旬だそうです。

 

 

旬の食材を積極的に摂取しましょう(^_-)-☆

お口を閉じるのに必要なこと。

昨日書いた鼻呼吸を習慣づける為の口テープ。

貼ってみると案外大丈夫!!

とすると、普段から鼻呼吸が出来ているのでは!?

 

と思い意識しながら呼吸を確認してみると…

おしゃべりする時はもちろん口呼吸なのでその時間も多いのですが(笑)

口を閉じているときの舌の位置を改めて確認すると、

舌が上あごにちゃんとくっついてる!

と実感することができました。

そう、前々からここでもでてきている「あいうべ体操」の効果が出ていると言っても過言ではない!!と思いました\(^o^)/

鼻呼吸をする時に肝心なのは「舌の位置」なのです!!

舌が下がっていると、鼻で呼吸していても気道が狭くなって苦しくなってしまって続かないのです。

鼻呼吸=舌の位置

全身の健康の為に、意識していきたいものです♪

 

鼻がつまっているときは、ゆっくりと少しの隙間でも鼻で呼吸していくとだんだんと血行が良くなりだんだんと鼻が通ってきます。目頭から少し下の鼻筋にあるツボをマッサージするのも効果的です(^^♪

 

就寝中も、お口を閉じましょう☆

みなさん、鼻呼吸の大切さはもうご存知ですね?

起きているときだけでなく寝ているときの呼吸はどうなっているでしょうか。

口は、あくまでも『たまたま呼吸もできる器官』というだけであって、

正しい役割ではありません。

鼻で呼吸することによって、体に細菌が入り込むことを防いだり

体に必要な二酸化炭素を排出しすぎないようコントロールしたりと

良いことがたくさありますよね(^-^)

 

「就寝中は、自分の意志では口を閉じる事は出来ない。」

という声が聞こえてきそうですが、

 

なんと、眠ったまま口を閉じていられるように

口に貼るテープが存在するのです☆

 

当クリニックのスタッフの中では、すでに何人も就寝時に使用しています。

 

先日、初めて私も使用してみたところ

貼る前は、「口にテープを貼って、苦しくないのかしら。」と心配もありましたが

 

いざ自分の口に貼ってみると、これがまた意外に苦しくないのです☆

 

花粉症でやや詰まり気味だった鼻も、使うことで血行が良くなったようで

自然に呼吸ができました。

 

まだ、起きているときに使用したのみなので

自宅で就寝時に使用し始める事が楽しみです!

 

テープは三種類、クリニックにも販売のご用意があります。

お求めの方は、スタッフにお声掛けくださいね(^-^)

 

春休み

みなさん、こんにちは(^-^)

明日から春休みに入る小中学校が多いようですね☆

今週から、一足早く春休みに突入した幼稚園生のお子さん方が多く来院されていて、

はる歯科クリニックのキッズルームは賑わっています\(^o^)/

 

ご入園されてから、久しく会えていなかったお兄さんお姉さんとの再会はとても嬉しいです。

みんな大きくなって、お話も上手で。

年月の流れの速さに驚きます☆

 

新1年生になるお友達からは、真新しいランドセルの話を聞いたりと、

ワクワク楽しい気持ちの春がやってきました。

 

あと2週間ほどの春休み。

新学年に向けて、楽しい思い出をたくさん作ってくださいね♪

管理栄養士。

はる歯科クリニックでは、管理栄養士が食事・食育指導を行っております(^-^)

管理栄養士。

栄養士という言葉はよく耳にしますが、「管理」が付くことで何か違うのかな??と思い調べてみました。

一番の違いは管理栄養士は「国家資格」という事です!

仕事内容の違いとしては、栄養士は主に給食管理・提供をし、管理栄養士は栄養士の仕事内容に加え、さらに高度な専門知識を持って病院などで一人ひとりの病気や体質に応じた栄養指導ができるとのこと!

はる歯科クリニックで先頭に立って食育に力を発揮している管理栄養士のHちゃん♡

いつも元気でスタッフを盛り上げてくれて、先輩スタッフ達にいじられている彼女ですが、実は隠れた実力者だったとは!(笑)

そういえば毎日砂糖と向き合って戦っています(笑)

皆さんに食生活からむし歯ゼロへ。

お口の中から全身の健康へ。

管理栄養士Hちゃんの活躍をこれからもバシバシ伝えてまいります!!

IMG_0787

 

 

こんなに磨いているのになぜ???

~当院発行食育通信 第一号より~

 

患者さまとお話をしていると、

・定期健診に通っている

・フッ素を塗っている

・仕上げ磨きをしている

・糸ようじをしている

・毎食後歯磨きをしている

 

歯のケアに気をつけているのに、むし歯になってしまった…というい話を度々耳にします。

 

その原因として考えられるのは…

 

それは………

 

『砂糖の摂りすぎ』かも知れません…

 

・コーヒーや紅茶に砂糖をたっぷり入れていませんか?

・コーヒーや牛乳や100%果汁ジュース、飲むヨーグルトを良く飲んでいませんか?

・テレビを見ながら、お菓子やジュースをダラダラ飲食していませんか?

 

間食としての砂糖の摂取量は、

一日 大人 約30g

子供 約20gです。

 

《むし歯になりやすいお菓子の特徴》

⒈糖質を多く含んでいるお菓子

⒉口の中に長く滞在しているお菓子

⒊歯にくっつきやすいお菓子

 

《むし歯になりやすいお菓子》

⒈キャラメル

⒉キャンディー

⒊ウエハース

 

《むし歯になる砂糖》

・グルコース(ブドウ糖)

・マルトース(麦芽糖)

・スクロース(ショ糖)

 

《むし歯にならない砂糖》

・ソルビトール

・マルチトール

・キシリトール

 

お菓子を購入する際は商品の表示を見比べてみましょう!!

噛んで健康な体を作りましょう(^-^)

肥満と食習慣は深い関係があります。たとえば早食い。

 

一昨日、こちらで

『だ液を出すために、30回噛みましょう』と書きましたが、

噛む回数が少ないと、だ液の他にも影響が出てきます。

 

噛む回数が少ないと満腹感が得られないため、つい食べすぎてしまいます。

さらには、どんどん太っていく『負のサイクル』にはまってしまう危険性もあるので注意が必要です。

 

『早食い・よく噛まない・一口の量が多い』←太りやすい食習慣。

噛む回数が少ないと、満腹感をつかさどる伝達物質ヒスタミンが分泌されにくくなるため、結果的に食べすぎにつながります。

 

太る

体を動かすのがおっくうになる

体を動かさない

ながら食べ

太る

 

生活習慣病

 

よく噛む食習慣を幼少期から身につけて、肥満を予防しましょう。

 

実はスゴイ☆だ液は魔法の水☆

普段、ほとんど意識していない、つばやよだれ。

いわゆる『だ液』には、薬や消毒液に匹敵するようなスゴイ効果があることをご存知ですか?

 

●1日に出るだ液の量 500~1500ml

噛めば噛むほど、食べ物の水分が少ないほど、だ液はたくさん出ます。

 

●だ液の正体は、水分が99.5%でほとんどが水です!

 

そして、口を潤すだけだはない、だ液のスゴイ効果をお知らせします!!

☆むし歯や歯周病を防ぐ

☆美味しさを感じさせる

☆食べ物を飲み込みやすくする

☆食べ物の消化を助ける

☆細菌や有害物質を抑える

☆皮膚や粘膜を活性化させる…などなど

 

●現代人は、だ液の魔法が薄れつつある?

1日の中で、だ液が一番多く出るのは食事の時です。

ところが、現代人は食生活の変化によって、噛む回数と食事の時間が極端に減り、だ液の量も少なくなっています。

その結果、むし歯や病気、食中毒になりやすくなったり、消化吸収に悪影響が出たりします。

 

☆だ液の効果を高める一番簡単な方法は、噛む回数を増やすことです!

☆噛みごたえのあるもので1日30回を目安に、ぜひ実践してみてください!

 

靴の選び方について

小学生のわが子の話ですが、ただいま成長期真っ只中なのか、ついこの前買ったばかりの靴が「きつい」と訴えてきました。

 

親の私としては「え、この前買ったばかりじゃん…(涙)」

 

お財布がまた軽くなってしまうわ…と言うのが正直なところ…(笑)

 

と同時に、靴の選び方が間違っていたのかな~という思いも…

 

そんな中、タイミングよく我が院長先生が「足育」についてのセミナーに参加してきたということで、子どもの靴選びのポイントを伝授してもらいました!!

 

靴はメーカーによってサイズがバラバラなので、サイズで決めるのではなく、

《5本の足指が靴の中敷きの上に全部乗る》

(さらに、つま先に指1本分の余裕がある)

ことが大切だそうです!!

足指が中敷きからはみ出していると、それは靴が窮屈な証拠です。

 

《靴はひも靴を選びましょう》

靴ひもで足を固定できるのがベストです!!

ひもを結ぶことがまだ難しいような年齢ならば、ひもにコードストッパー(紐止め)をつけるのも一つの手です!!

さらに小さなお子様には、足の甲を固定でき、サイズ調節が可能な折り返し付きのマジックテープが二つあるものもお勧めです!!

 

《簡単にねじれない靴》

手でねじってみた時に、グニャッとなってしまう靴は、歩くときに安定しません。

簡単にねじれない靴を選びましょう!

 

いくつかのポイントを伝授してもらい、これからは安心して靴選びができそうです!!

 

そして、この話は余談ではありますが…

 

幼稚園や小学校の運動会前になると、多くの子ども達が履いているのではないかという某メーカーのスニーカー○○○○○

 

実は、足裏の形状が左右非対称(左回りのコーナーリングに強い)であることをご存知でしたか?

 

私の娘も愛用していて、登下校はもちろん、遊びに行く時も履いています。

 

しかし、成長期の段階で左右差を誘発させることで、体全体のバラン崩れ、関節に障害がなどがおこりやすくもなるそうです。

 

この話を聞いてゾーッとしたのは言うまでもありません…

 

普段生活にはバランスの良い靴を…

運動会の時は○○○○○を…

 

と、それぞれの場面で特性を生かした靴選びをしたいものですね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

WEB予約はこちらから

ご予約・お問い合わせはこちらまで!お気軽にご予約・ご相談ください 046-855-0826

ご予約・お問い合わせ

タップで電話する

WEB予約