• ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報

はる歯科クリニック

  • 046-855-0826
  • ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報
    • 診療科目
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 虫歯治療
    • 審美歯科
    • 矯正歯科
    • 歯周病治療
    • ホワイトニング
    • 歯のクリーニング
  • 保育士のいるキッズルーム
  • はる歯科クリニックのイベント
  • 食育について
  • 治療費について
  • 患者さまの声
  • WEB予約
  • プライバシーポリシー

はる歯科クリニック

WEB予約

ブログ

ブログ


今日は何の日?

8月31日、「野菜の日」です。 【や(8)さ(3)い(1)】

 

ここ数日、忙しいのを理由にして食卓に野菜が足りていなかったことを振り返り

反省です(+_+)

 

人間の身体は、食べたものからできています。

 

野菜不足に気をつけて、栄養バランスの整った食事を心掛けましょう☆

 

この夏、私のお気に入りの野菜は

「おかわかめ」です☆

野菜でありながら、茹でると海藻のわかめのようにツルッとした粘り気やコリコリとした食感で

美味しいですよ(^^)/

ミネラルもたっぷり含まれているそうです。

 

今日は涼しいですが、まだまだ気温の上がり下がりが激しいので

体調を崩さないように

栄養と休養に気をつけましょう\(^o^)/

 

 

ブルゾンちえみさんのマラソン。

24時間テレビのブルゾンちえみさんの走りを観ていて、苦しい中でも楽しそうに充実感をもって走る姿に、今までになくテレビにくぎ付けになってそのゴールの瞬間を観ていました。

学生時代から長距離を走っていたそうですが、彼女の走る表情にとても驚きました。

メイクが落ちない…ではありません(笑)

口で呼吸をせず、鼻呼吸をしているのです!!

どうしても苦しくなると口で呼吸してしまうと思うんです!

痛いところを我慢していれば、自然と表情が引きつって、口を開けてしまうと思うんです!!

 

ですが、ブルゾンさんは最後まで、ほとんど口を閉じていたように感じました。

 

そこで、長距離の呼吸法を調べてみたのですが…

無理に決まった呼吸をするのではなく、自然に呼吸ができることが一番だそうです。

ですがその中でも、鼻から吸うことで喉の乾燥が避けられ、体温に近い温度で肺に届けられ

るという点からも、口で吐いて、鼻から吸う(この吐くことが先なのも呼吸法で大事な点だとか

!)といいそうです。

 

 

普段はもちろん、苦しい時こそ鼻呼吸。

運動する時も心がけられるといいですね!!

 

 

 

「お口ポカン」赤ちゃんの時から気をつけましょう

こんにちは(^-^)

皆さん、何かに集中している時やテレビを見ている時など、

大人も子どもも、つい口がポカーンと開いていることはありませんか?

 

こちらのブログを読んでくださっている皆さんは、もうご存知かと思いますが

「お口ポカン」は、良い歯並びの天敵です。

さらに、全身の不健康を招いてしまいます。

 

さて、その「お口ポカン」ですが、

生後まもない赤ちゃんにも、お家の方が気をつけてあげられることがあります。

 

先日、お口が常に開いた状態で、だ液がたくさん溢れてよだれかけがびっしょり濡れている

生後5か月の赤ちゃんに会いました。

 

だ液が出ること自体は、むし歯予防に良い事なのですが…

その子の場合は口腔内での正しい飲み込みが出来ていないため、口の外までたくさん溢れてしまっている状態でした。

 

「正しい飲み込みが出来ない」→「舌がだらんと下がっている」→「お口がポカンと開いている」

 

原因をたどっていくと、やはり「お口ポカン」にたどり着きます。

 

では、赤ちゃんの口の発達を促し、「お口ポカン」を予防するためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

答えは、「赤ちゃんの口の周りに良い刺激をいっぱい与える事」です。

 

お家の方の指で、赤ちゃんの口の周りをチョンチョンと触れてあげたり

赤ちゃん自身がおもちゃをべろべろとなめまわしたり。

 

普段から良い刺激をいっぱい受けて、赤ちゃんの頃から良い歯並び&全身の健康を目指していけるよう

お家の方が良く見て、気づいてあげることが大切です(^^)/

☆じゃこ大豆☆のレシピ

今日は当院の管理栄養士が考えたレシピをご紹介いたします!!

 

今日のレシピは、副菜や箸休め、おつまみにも最適な☆じゃこ大豆☆です!!

 

☆じゃこ大豆☆

《下準備》

揚げ油を180℃に温めておく

 

《材料》2人分

大豆缶(ドライパック) 120g

ちりめんじゃこ 30g

片栗粉 適宜

●キシロスイート 10g

※キシロスイート=砂糖代替甘味料キシリトール粉末

●しょうゆ 10g

●みりん 10g

 

《作り方》

①大豆をボウルに移し、片栗粉を全体にまぶす

 

②180℃に温めておいた油で、①を揚げていく。

周りが少しきつね色になってくればOK!

 

③大豆が全て揚がったら、ちりめんじゃこを10秒程素揚げする。

 

④小さめの鍋に●の材料を入れて、ふつふつしてきたら火を止める。

 

⑤④の鍋の中に揚げた大豆とちりめんじゃこを入れてタレと絡める

 

☆大豆☆

大豆は畑のお肉と言われるほど、良質なたんぱく質を多く含んでいます。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、カルシウムの吸収をサポートしてくれるので、成長期の子どもには欠かせない栄養素です。

また、ちりめんじゃこにはカルシウムが豊富なので、ぜひ一緒に食べていただきたい食材です!!

 

DSCN0569

 

歯ブラシの選び方

歯ブラシといっても、ヘッドの大きさや形、毛の硬さも様々です。

「どれがいいのかなぁ??」

と悩んでしまったら、ぜひはる歯科クリニックの定期健診をご予約ください。

お口の中を見て、歯科衛生士がお一人お一人に合った歯ブラシをご提案いたします!

 

また、磨き残しやすい場所、歯茎の様子などもお話ししながら、3か月後の定期健診まで虫歯のない健康な状態を保てるようにご相談いたします♪

DSCN0554

 

 

 

 

院長先生おススメ☆むし歯の予防法

当院の院長先生には4人のお子様がいますが、お子様たち全員、今までむし歯になったことがないそうです☆☆☆

 

そこで、今日は4人の我が子を1本もむし歯にしていない、院長のおススメ予防法を皆さまにお伝えしようと思います!!!

 

《むし歯予防法》

①食事!!!

みなさん、むし歯予防=歯磨き

というイメージが強いと思います!!

もちろん歯磨きも大事なのですが、とにかく食事!!!が大切なのです!!

炭水化物や甘い食べ物、飲み物が多い方は、歯磨きをきちんとしていてもむし歯になります!!

まずは、甘い食べ物、飲み物を減らして、食事と食事の間の時間を、しっかりとることが大切です。

糖質はおやつだけでなく、1日の食事中でも20gまでに抑えましょう。

 

②フロス(糸ようじ)を毎日使う

歯の表面は、本人でもだいたい磨けます。

むし歯はほとんど、歯と歯の間から始まります!

必ず何度かフロスを通して、汚れを取り除きましょう。

 

③フッ素を毎日使う

フッ素はジェルでも洗口剤でも構いません。

とにかく毎日使うことが大切です!

毎日使うことで、風邪などで体調を崩して磨けない日が数日続いても、むし歯にはなりません。

 

※歯ブラシを毎月新しいものに替えたり、フロスやフッ素を購入するのは費用がかかります。

ですが、むし歯になって治療をする方が、もっと費用がかかってしまうのです。

歯科医院での定期的な検診と、お家でのセルフケアを行い、お口の健康を一緒に保っていきましょう!!!

 

「お口の中から全身の健康へ」 はる歯科クリニックでした!!

 

DSCN0540

 

 

 

 

 

 

ワンポイントアドバイス☆

新陳代謝のよい赤ちゃんの水分補給はいつもよりこまめにしてあげたいですね。

はる歯科クリニックに通ってくださるママさんから

いくつか質問をいただいたのでまとめてみました(^-^)

 

Q 赤ちゃん用のイオン飲料があるけれど、汗をかいた時やお風呂上りには飲ませた方が良いの?

 

A 汗をかきやすい赤ちゃんといえども、よほどの時でない限りイオン飲料は必要ありません。

おいしいイオン飲料はゴクゴクと飲みます。

白湯やお茶のちょこっと飲みでも大丈夫!回数を多くあげましょう☆

 

 

Q 完全母乳ですが、夏は母乳以外の水分も上げた方が良いの?

 

A 基本は母乳で水分補給が出来ています。

おしっこの回数が少ないようでしたら、母乳の回数を増やすか、あげられない時は白湯か麦茶(ベビー用か、大人用を薄めたもの)などで十分です☆

 

 

Q 赤ちゃん用のジュースは食塩、砂糖、添加物無しなので、常用しても良い?

 

A 水分補給は白湯や麦茶で十分です。

大人が用意しなければ赤ちゃんは甘くて美味しいジュースを口にすることはありませんが

大人があげることでその味を覚えてしまい、白湯や麦茶などを飲まなくなってしまう事もあります。

2歳半までは口にしないのがBEST!

 

☆砂糖不使用でも、果糖が含まれているとむし歯になるリスクは高くなります!

 

☆甘いジュースは、すぐに喉が渇きます。

普段から白湯か麦茶に慣れて、喉が渇く前に水分補給が出来るといいですね。

 

 

 

DSCN0538

本日より通常診療です!

夏期休診をいただいておりましたが、本日より通常通り診療いたします。

 

歯やお口のことで気になることがございましたら、はる歯科クリニックまでご相談ください。

 

《診療時間》

(月)・(火) 9:30~12:00 / 14:30~18:00

(木)・(金) 9:30~12:00 / 15:00~18:30

(土) 9:30~12:00 / 14:30~16:30

 

※(水)・(日)・祝日は休診日となっております。

 

はる歯科クリニック 046-855-0826

 

「お口の中から全身の健康へ」 はる歯科クリニックでした!!

夏季休暇のおしらせ。

本日午後より、16日まで休診となります。

休暇明けは8/17 10時より診療となります。

暑い日々ですが、水分をしっかり摂って夏に負けない体で元気にお過ごしくださいね♪

楽しい夏休みを♪

DSCN0534

今日は歯並びの日♪

いきなりですが今日は何の日かご存知ですか???

パチパチという音からそろばんの日、パチンコの日、

ピアノの鍵盤の数と同じという事で鍵盤の日、

足の数でタコの日…などなど、色々ありますが8月8日は『歯並びの日』として日本臨床矯正歯科医会が制定しているそうです(^^)/

全国の10代から50代の男女計1,000人を対象に、歯並びと矯正歯科治療に関する意識調査を実施した結果、

自分の歯並びを気にしている人は66.5%!  歯科医への相談経験は24.8%に止まる

結果となったそうです。

歯並びへの関心の高さに反して、矯正歯科治療への理解は不足!!

とわかる結果で少し残念ではありますが、むし歯や歯周病になりにくくなること、将来自分の歯が残りやすいこと、結果、笑顔や表情が良くなり、全身の健康へと繋がること!!

矯正治療はいつまでも健康で快適に過ごすための体作りと同じことだという事。

もっとたくさんの方へ伝えていくことも、はる歯科クリニックの使命だと考えております。

 

 

WEB予約はこちらから

ご予約・お問い合わせはこちらまで!お気軽にご予約・ご相談ください 046-855-0826

ご予約・お問い合わせ

タップで電話する

WEB予約