• ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報

はる歯科クリニック

  • 046-855-0826
  • ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報
    • 診療科目
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 虫歯治療
    • 審美歯科
    • 矯正歯科
    • 歯周病治療
    • ホワイトニング
    • 歯のクリーニング
  • 保育士のいるキッズルーム
  • はる歯科クリニックのイベント
  • 食育について
  • 治療費について
  • 患者さまの声
  • WEB予約
  • プライバシーポリシー

はる歯科クリニック

WEB予約

ブログ

ブログ


風邪、インフルエンザ予防に役立つ栄養素

先日、「あいうべ体操でインフルエンザ予防」の話をさせていただきましたが

今日は、栄養素の面からお伝えさせてください。

 

風邪やインフルエンザにかからないために、日頃から免疫システムが正常に働くようにしておきましょう。

私たちの免疫システムの強化に役立つ栄養素は、

『ビタミンC』と『ビタミンD』です!

 

バランスの良い食事で栄養素をしっかり摂ることに加えて、ビタミンCやビタミンDの多い食べ物を摂ることが大切です。

 

手軽に食べられる果物であるミカンなどの柑橘類には、ビタミンCと、ビタミンCの効果を高めるへスぺリジンのほか、ベータカロチンも豊富に含まれています。

 

ビタミンDは,食材の中では、干しシイタケ、魚介類に多く含まれています。

 

栄養素を意識して食事を摂ることが、風邪、インフルエンザ予防につながります!

食育Q&A

キッズルームでお家の方とお話をしていると、お子様の食事に関することでいろいろご相談を受けることがあります。

 

今日はその中のいくつかのご質問にお答えしたいと思います!!

 

Q1.一歳未満の子がいますが、赤ちゃん用イオン水などは水分補給に適していますか?

A1.普通の水やお茶より身体に良いと思って飲ませている場合であれば、水とお茶以外に身体に良い飲み物はありません。

○ケ月~飲めます、と書いてあるジュースやイオン水にもかなりの砂糖が入っています。

年齢的にも全く必要ありません。

将来的に甘いものしか好まなくなってしまったり、好き嫌いが多くなってしまうケースもあります。

また、甘いものを好むようになり、むし歯のリスクも高まります。

 

Q2.母乳はいつまで大丈夫?

A2.母乳はいつまででも大丈夫です。

本人が辞めたいと思うまで続けさせてあげてください。

ただ、母乳育児での心配事と言えば、虫歯や歯並びについてですね。

母乳では虫歯になりません。

母乳に加え、ジュースやお菓子などの砂糖を摂取してしまうと、それが原因で虫歯になってしまいます。

その時の悪者は、あくまでも砂糖です。

また、指しゃぶりと違って、何時間も母乳を吸っているわけではないので、歯並びの影響はさほど考えなくてもよいでしょう。

 

Q3.乳児の水分補給について

A3.乳児の水分補給は基本的に母乳です。

離乳食を始めたり、母乳を飲まなかったり、頻繁に喉が渇くようであれば、白湯か薄めたお茶をあげてください。

ここで注意してほしいのが、桃やリンゴのお水や赤ちゃん用のイオン水をあげないことです。

水よりもゴクゴクと飲むので、水分が足りていないのかと勘違いして、そればっかりあげるようになります。

この時期に甘い味に慣れてしまうと、将来も甘いものを好むようになってしまうので、注意が必要です。

乳児期の水分補給は、一回に飲む量は口に含む程度で十分です。

「チビチビごっくん」量は少なくていいので、回数を多くしましょう。

 

むし歯は削れば治る…? 答えは✖です。

はる歯科クリニックでは、初めて来院された患者さまの歯をその日のうちに削ることは原則としていたしません。

患者様から、

「(学校など、他の場所で)検診でむし歯と言われたのに、どうしてすぐに削らないのですか?」

と、お尋ねいただくこともしばしばですが

これには大きな誤解が関係しています。

 

そもそも、むし歯は削っても治りません(ToT)

むし歯の部分を削って詰め物を被せると、見た目は治ったかのように見えるかもしれませんが

生まれ持っての「自分の歯」ではなくなります。

「治る」とは、病気や怪我が良くなって、もとの健康な状態に戻ることをいいます。

むし歯になった歯は、2度ともとの状態には戻れないのです。

 

そこで、さきほどの質問

「どうしてすぐに削らないのですか?」の答えです。

「むし歯だから削らないといけないわけではありませんし、削ってもむし歯が治るわけではないからです。」

 

はる歯科クリニックでは、虫歯の原因をみつけその改善をすることが1番大切だと考えております。

原因が改善していなければ、削って詰め物をした瞬間から新しいむし歯ができてしまいます。

 

新しいむし歯を生み出さないために。

予防がとても大切です。

 

お口の中から全身の健康へ。

 

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

☆あいうべ体操のやり方☆

先日のブログで、インフル予防には「あいうべ体操」がおススメです!!とお知らせしましたが、今日は「あいうべ体操のやり方」についてお知らせしたいと思います。

 

☆あいうべ体操のやり方☆

①「あー」と口を大きく開く…普段よりも大きめに。

②「いー」と口を大きく横に広げる…首に筋が張るくらいまでに。

③「うー」と口を強く前に突き出す…しっかりと前に突き出します。

④「べー」と舌を突き出して下に伸ばす…あごの先をなめる感じで。

 

①~④を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続けましょう!!

 

私は通勤時の運転中や子どもとの入浴中に行っています!

 

お金をかけずに自分でできる、インフル予防「あいうべ体操」おススメです!!

 

あいうべ体操でインフル予防!!

はる歯科クリニックに勤める保育士だからこそ知っているワンポイントアドバイス!!

 

第7弾!!!

 

今月は「あいうべ体操でインフル予防」です☆

 

ある小学校で児童たちが「あいうべ体操」を実践したところ、インフルエンザにかかった人数が他の小学校の平均の☆3分の1☆という結果が出たそうです。

 

では、インフルエンザも予防できる「あいうべ体操」はなぜ予防できるのでしょうか?

 

それは、舌や口の周りの筋肉が鍛えられることで、口を閉じた状態を保て、鼻で呼吸できるようになるからです。

 

口をしっかり閉じれば、ウイルスの体内への侵入を強力に防ぐことができます!!

 

◎鼻で呼吸をすると◎

①鼻毛で細菌やウイルスなどの異物をろ過。

②扁桃リンパ組織がさらに異物を防御。

③鼻の中で温められ、加湿された空気が肺に入る。

 

×口で呼吸をすると×

①口の中が乾燥して細菌などが繁殖しやすくなる。

②乾いて冷たい異物だらけの空気が、直接のどを通り肺に入る。

 

☆鼻呼吸は天然のマスクです☆

マスクをすると鼻で息をするのが苦しくなり、マスクの下の口は開いてしまいがち(>_<)

マスクより鼻の「天然マスク」の方が信頼できます!!

 

 

 

だ液検査でわかること。

先日書いた、一般的な歯科ドックの項目に含まれるだ液検査。

はる歯科クリニックでも初診の時に実施させていただいております。

 

身長・体重や体力が人によって違うように、歯とお口のコンディションも人それぞれ。

その「いま」の状態を測定するために「少量の水で口の中全体を軽くゆすぐだけ」で行うことができます。

 

わかること。

①見た目ではわからないことが測定できます。(甘いもの食べ過ぎかも?など)

②歯と歯茎の健康、お口の清潔度が分かります。

③一人一人にピッタリのセルフケアをご提案できます。

 

検査当日、2時間前までのお食事や歯磨きなどを控えていただくなどの諸注意もございます。

詳しくははる歯科クリニックのスタッフまでお声掛けください♪

歯科ドック!?

今朝テレビを観ていたら「今話題の『歯科ドック』ってなに??」という特集が組まれていました。

出勤時間になってしまったので観ることができなかったのですが、気になったので少し調べてみました(^-^)

見てみると日本全国、たくさんの歯医者さんで行われているようです。

歯科ドックを行うと

・口腔の健康維持

・早期治療による医療費の削減

・身体への影響が減少

・全身疾患の悪化を防ぐ

 

とあります。最後の全身疾患の悪化を防ぐ。ということが世の中の知識として浸透していることに予防歯科クリニックとして喜ばしく思います♪

 

そして歯科ドックの内容は…歯医者さんによって様々なようですが、基本的に

・全身所見

・Ⅹ線写真撮影

・口腔内検査

・口腔外検査

など、その他オプションも各歯医者によって異なり料金も違ってくるようです。

はる歯科クリニックでも、「歯科ドック」とはうたっておりませんが、初診の患者様へ同じようにカウンセリング、検査を行っております。

だ液検査も行い、初診日に治療は行いません。

 

予防歯科医院として「原因を診断し、原因を正す」を治療方針としております。

 

「歯科ドック」というワードにご興味のある方はぜひはる歯科クリニックにご連絡下さい(^-^)

☆祝☆10周年☆

 

はる歯科クリニックは、昨日12月10日に開院10周年を迎えました♪

10周年のお祝いに、スタッフ皆からいつもお世話になっている院長先生に観葉植物とバルーンのプレゼントを贈りました。

 

スタッフのみならず、大勢の方からのプレゼントに囲まれ、笑顔いっぱいの愛され院長先生☆

 

私たちはこんなに素敵な医院で働かせていただいていますが

これを機にますます、ご恩返しができるように一生懸命働いていきます!

 

 

気持ちを新たに、これからも日々学び、患者様や地域の方が健康でいられるお手伝いをさせていただきたいです。

ありがとうございました(^-^)

はる歯科クリニック10周年にむけて、みなさんからプレゼントをいただきました。

 

どれも素敵で可愛らしく、見ていて幸せな気持ちになります(^^♪

 

院内に、大切に飾らせていただきました☆

おせち料理の意味・由来

あと3週間で2017年が終わります!

新年の話をするには気が早いと思われるかもしれませんが、

おせち料理には古くから伝えられている由来や意味があります。

食育の一環としてお子さんに話していただくために、今からしっかり暗記&復習しておいてくださいね(^_-)-☆

 

 

さといも  子芋がたくさん付くことから、子宝を祈願

 

ごぼう   細く長く幸せに

 

黒豆    まめまめしく元気に働けますように

 

数の子   子宝と子孫繁栄を祈る

 

栗きんとん 豊かさと勝負運を願って

 

伊達巻   巻物(書物)を連想させる 学問や教養を身に着ける

 

海老    長いひげ 腰が曲がるまで長生きを願う

 

紅白蒲鉾  紅白は祝いの色

 

田作り   稲の豊作・五穀豊穣を願う

 

 

日本の文化・伝統です。

 

次の世代にも引き継がれていきますように。

 

 

WEB予約はこちらから

ご予約・お問い合わせはこちらまで!お気軽にご予約・ご相談ください 046-855-0826

ご予約・お問い合わせ

タップで電話する

WEB予約