• ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報

はる歯科クリニック

  • 046-855-0826
  • ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報
    • 診療科目
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 虫歯治療
    • 矯正歯科
    • MRC小児予防矯正
    • 歯周病治療
    • 歯のクリーニング
    • マタニティ外来
  • 保育士のいるキッズルーム
  • はる歯科クリニックのイベント
  • 食育について
  • 治療費について
  • WEB予約
  • プライバシーポリシー

はる歯科クリニック

WEB予約

キッズルームブログ

キッズルームブログ


知らないうちに歯や骨に悪影響?

知らないうちに歯や骨に悪影響?

皆さん「態癖」ってご存知ですか?

 

誰にでも癖の1つや2つはあるものですが、中には歯並びやあごの発育に悪影響を与え、顔や全身の歪みにつながる「態癖」と呼ばれる癖があります。

態癖は、日常生活で意識することなく習慣化していることが多いため、本人が気づかないケースがほとんどです。

 

「態癖」の例

●頬杖

●口呼吸

●うつぶせ寝

●爪噛み、指吸い

●片噛み

●横向き寝

 

なぜ、癖だけで歯が動くのでしょうか???

じつは歯は、たった数グラムの弱い力が継続的に加わるだけで動いてしまう性質があります。

それを利用しているのが、矯正治療です。

人間の頭は子どもでも1キロ以上あるため、横向きやうつぶせ寝で歯を押さえたまま眠ると、知らず知らずのうちに歯が動き、歯並びや噛み合わせを悪くし、顔の歪みなどを引き起こします。

永久歯に生え変わる成長期のお子さんは、特に歯が動きやすいため注意が必要です。

 

☆態癖は、本人が気づけば、意識して止めることが可能です。

☆家庭で生活習慣を見直して、態癖がないかチェックしてみましょう。

 

DSCN0575

 

 



WEB予約はこちらから

ご予約・お問い合わせはこちらまで!お気軽にご予約・ご相談ください 046-855-0826

ご予約・お問い合わせ

タップで電話する

WEB予約