• ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報

はる歯科クリニック

  • 046-855-0826
  • ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報
    • 診療科目
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 虫歯治療
    • 矯正歯科
    • MRC小児予防矯正
    • 歯周病治療
    • 歯のクリーニング
    • マタニティ外来
  • 保育士のいるキッズルーム
  • はる歯科クリニックのイベント
  • 食育について
  • 治療費について
  • WEB予約
  • プライバシーポリシー

はる歯科クリニック

WEB予約

キッズルームブログ

キッズルームブログ


くいしばり・歯ぎしりでお困りの方へ

くいしばり・歯ぎしりでお困りの方へ

歯ぎしりは人から言われて気づく方も多いでしょう。

しかし、くいしばりはギリギリ音がするわけでもないので、自覚される方が少ないのが現実です。

 

 

 

歯ぎしり・くいしばりの原因とは?

 

●歯並び・噛み合わせの悪さ

歯並びや噛み合わせが悪いと噛めている歯とそうでない歯ができ、噛む力がうまく発揮できません。

また、歯並びが悪いことで舌のおかれるスペースも狭く、それがストレスとなり、なんとか噛もうとすることで、くいしばりや歯ぎしりが出るといわれています。

 

●ストレス

生活でのイライラやアルコール、喫煙などにより活性酸素が体内でうまれストレスとなり、それを発散するためにくいしばり・歯ぎしりをすると言われています。

 

●糖質の多い食生活

砂糖・炭水化物の多い食生活をしていると、血糖値が一日中大きく上がったり下がったりを繰り返してしまいます。

日中こういった食生活をすると、寝ている間も血糖値が乱降下し、これを体が治すために交感神経が優位となり、筋肉が緊張することでくいしばりがおきます。

 

●コーヒー・お茶などのカフェインの摂取量

カフェインはその作用で交感神経を刺激し、筋肉を緊張させます。

特に夜のカフェインはくいしばりが強くなります。

 

●金属の被せ物が多い

金属はアレルギー物質であり、それ自体がストレスの原因になると言われています。

 

明日はくいしばりの対法、診療法についてアップしていきます。

 

虫歯や歯周病治療とともにくいしばり予防もしていきましょう!!

 

 

 

 

 



WEB予約はこちらから

ご予約・お問い合わせはこちらまで!お気軽にご予約・ご相談ください 046-855-0826

ご予約・お問い合わせ

タップで電話する

WEB予約