• ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報

はる歯科クリニック

  • 046-855-0826
  • ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報
    • 診療科目
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 虫歯治療
    • 矯正歯科
    • MRC小児予防矯正
    • 歯周病治療
    • 歯のクリーニング
    • マタニティ外来
  • 保育士のいるキッズルーム
  • はる歯科クリニックのイベント
  • 食育について
  • 治療費について
  • WEB予約
  • プライバシーポリシー

はる歯科クリニック

WEB予約

キッズルームブログ

キッズルームブログ


むし歯になりやすい時期を知ろう!!

むし歯になりやすい時期を知ろう!!

年齢による口腔内、生活環境の変化によってむし歯菌のリスクは変動します。

各ライフステージにおけるリスクを知って、むし歯の予防を心掛けましょう。

 

《乳児期》生後6ヶ月頃

乳歯が生え始める

・離乳食が始まる

・未熟なエナメル質

・唾液腺の未発達

《幼年期》3歳頃

乳歯が生えそろう

・親の唾液腺からむし歯菌が感染しやすい

・親と同じものを食べ始める

☆お子様のむし歯予防には、歯の溝を塞ぐシーラントやフッ素塗布が効果的です☆

 

《学童期》6歳~10歳頃

永久歯が生え始める

・未熟なエナメル質

・乳歯と永久歯が混在した凹凸の歯並び

・自分で歯磨きをするようになる

・親の仕上げ磨きがなくなる

《思春期》12歳~18歳頃

永久歯が生えそろう

・小遣いで買い食いができる

・部活でスポーツドリンクを頻繁に飲む

・成長ホルモンの変化で歯肉炎が増える

☆生活環境や食習慣の変化で、むし歯になる率が高くなります☆

 

《成人期・妊娠期》20歳~50歳

歯質が成熟する

・働き盛りで歯医者に通う時間がない

・歯肉炎の原因となる煙草やお酒がOKになる

・治療した歯が再びむし歯になりやすい

・だ液PHの低下(妊娠期)

・内分泌機能の低下(妊娠期)

《高齢期》60歳以降

歯質の衰えがみられる

・歯肉が痩せて歯の根が見える

・生活習慣病が増える

・だ液分泌量の低下

・咀嚼機能の低下

☆これまでの生活習慣や歯のケア不足が原因で、歯の歯質率が高くなります☆

 

むし歯や歯周病の発症を未然に防ぐために、定期検診をおすすめします!!



WEB予約はこちらから

ご予約・お問い合わせはこちらまで!お気軽にご予約・ご相談ください 046-855-0826

ご予約・お問い合わせ

タップで電話する

WEB予約