• ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報

はる歯科クリニック

  • 046-855-0826
  • ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報
    • 診療科目
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 虫歯治療
    • 矯正歯科
    • MRC小児予防矯正
    • 歯周病治療
    • 歯のクリーニング
    • マタニティ外来
  • 保育士のいるキッズルーム
  • はる歯科クリニックのイベント
  • 食育について
  • 治療費について
  • WEB予約
  • プライバシーポリシー

はる歯科クリニック

WEB予約

キッズルームブログ

キッズルームブログ


お子様のフッ素歯磨き剤の選び方

お子様のフッ素歯磨き剤の選び方

IMG_0264IMG_0265

 

今日はフッ素入り歯磨き剤とフッ素ジェルのお話です。

同じように見えるこの3本の製品ですが、

左から「フッ化物配合歯磨き剤 フッ素濃度500ppm」

「フッ化物配合歯磨き剤 フッ素濃度950ppm」

「フッ化物配合ジェル  フッ素濃度500ppm」です。

何が違うかというと、フッ素濃度がそれぞれ異なることと、研磨剤が含まれているかどうかなどです。

先日、2歳半になるお子様のママから質問をいただいたので、お答えさせていただきます。

 

Q。「毎晩、仕上げ磨きのあとレノビーゴ(フッ素濃度100ppm)を塗布しています。もうすぐ無くなるのですが、次に購入するのもレノビーゴで大丈夫ですか?」

 

A。「年齢的にも、そろそろレノビーゴを卒業して、もう少しフッ素濃度の高い物を使用するとより効果的です。

☆写真の真ん中の900ppmの歯磨き剤を単体で使用する。

☆もし市販の歯磨き剤を現在使用されているようでしたら、それに加えてフッ素ジェル(写真右)を使用する。

などの選択肢があります。(^-^)

この際、気を付けることは、2歳の年齢ですと900ppnと500ppmの物を両方同時に使用してしまうと適正な濃度より高くなってしまうので避けてください。」

 

参考までに、900ppmの歯磨き剤は2歳半からの使用目安となっていますので

それよりも低年齢のお子様には、写真左の500ppmの物がおすすめです。

 

むし歯予防に適切な方法は、その年齢ごとに少しずつ異なります。

定期健診の際に、お気軽にスタッフにお尋ねくださいね(^^)/

私たち保育士も、日々勉強です☆

ご質問、どしどしお寄せくださいませ\(^o^)/

 



WEB予約はこちらから

ご予約・お問い合わせはこちらまで!お気軽にご予約・ご相談ください 046-855-0826

ご予約・お問い合わせ

タップで電話する

WEB予約